バッグプロテーゼってなに?

豊胸手術の中で最も知られているのがバッグプロテーゼ豊胸です。
ひとことでバッグプロテーゼ豊胸といっても取扱クリニックによって様々な方法があります。

 

今回はバッグプロテーゼについてご紹介します。

 

バッグプロテーゼ豊胸手術とは

バッグプロテーゼ豊胸とは豊胸バッグを乳腺下、大胸筋下、大胸筋膜下に挿入してバストアップする豊胸手術のことです。
いろいろなクリニックで取り扱っている方法なので、クリニックによって呼び方も様々で、インプラント、人工乳腺法などと呼ばれることもあります。

 

バッグプロテーゼの種類

使用するバッグプロテーゼについても、クリニックによって様々で、いろいろな種類があります。

 

☆生理食塩水
生理食塩水を使用しているバッグです。
生理食塩水は点滴や麻酔液などの医療の場でも使われている血液と同じ浸透圧に調整された代用血液なので、人体に悪影響がなく使用できるといわれています。

 

☆コヒーシブシリコン
従来のシリコンバッグの改良品で、形状を記憶して衝撃にも強く、形を維持することができ、万一破損しても内容物が漏れないようになっているので、安全性も高いバッグです。

 

☆ハイドロジェル
生理食塩水とムコ多糖類を混合したジェルです。
自然に近い感触で人気のバッグでしたが、安全性について日本が認証していないため、最近使用されなくなってきているようです。

 

バッグプロテーゼの形状
バッグプロテーゼにはおもに2種類の形状に分けられます。

 

☆テクスチャードタイプ
表面がでこぼこしているので、皮膜とバッグの間にスペースを作ることでマッサージ不要を実現しています。
自然な動きは制限されるタイプのバッグです。

 

☆スムースタイプ
表面がつるつるしていて、感覚が柔らかいことが特徴です。
マッサージが常に必要なバッグです。

 

バッグプロテーゼの形

様々なケースに対応できるよう、種類がたくさんあります。自分の体型や理想に合わせて選ぶことができます。

 

☆ラウンド型
円形のお椀のような形になっています。

 

☆アシンメトリー型
左右が非対称になっています。

 

☆アナトミカル型
梨のような下垂型の形になっています。

 

バッグプロテーゼ法のメリット

一度挿入手術を受けたら、半永久的に大きさが持続できるということです。
大きさも2カップ以上上がるので、確実に大きくしたい人や脂肪がなくやせている人には効果があります。

 

バッグプロテーゼ法のデメリット

選ぶ豊胸バッグによっては破損の恐れもあります。
また、術後も定期的なメンテナンスが必要になり、マッサージや老朽化による入れ替えなどの手入れが大切です。

 

また手術による恐怖、傷跡、後遺症も人によってはあるので、手術を考えている人は、デメリットも知った上で、選ぶようにしましょう。

  • 2014/12/04 14:25:04