ビール酵母

ビール酵母はビールなどのアルコールを発酵する時に使用する微生物のことです。
ビール酵母には栄養素がとても豊富に含まれているため、サプリメントや栄養補助食品として注目され、色々な商品などとして使用されています。

 

ビール酵母ダイエットなどで一時期はやりましたが、現在はバストアップサプリメントなどでも人気があります。

 

ビール酵母の主な成分

タンパク質、ビタミンB、タンパク質、必須アミノ酸、カリウム、リン、亜鉛、ミネラル、核酸、食物繊維、ニコチン酸、パンテトン酸、グルカン、グルタチオン、ナイアシン、エルゴステロールなど。

 

ビール酵母の効果

ビール酵母には男性ホルモンを抑制する働きや、脳下垂体に働きかけて女性ホルモンを作ったり、バストへの栄養補給を促したりする成分を含んでいるため、バストアップの効果があるといわれています。
その他、滋養強壮、疲労回復、新陳代謝促進、免疫向上、整腸作用、栄養障害解消、抗酸化作用などの効果があります。

 

ビール酵母の注意点

過剰摂取しなければ大きな副作用はありませんが、頭痛や腹痛、胃腸障害など起こることがあります。
異常が起こった場合にはすぐに使用を中止するようにしましょう。

 

また、プリン体を含んでいるので、痛風の人は使用を控えてください。卵アレルギーの人も、発疹などの症状が出やすいので使用には注意が必要です。

 

ビール酵母とビールの違い

通常、ビールにはビール酵母は含まれていません。
基本的にビール酵母は発酵した後に取り除かれます。

 

最近ではビール酵母入りのビールもあるようですが一般的には含まれていないので、ビール酵母を含む専用の商品かどうかよくみて選ぶ必要があります。

 

ビール酵母の摂取量

特に決まりはないようですが、過剰摂取はよくありません。
商品による一日の摂取量を守るようにしましょう。
一般的には一日に1,6gから6gなどといわれているので、少なめの量から始めることをお勧めします。

 

 

  • 2014/12/12 13:26:12