バストと姿勢の関係について

バストアップに励むとき、とても大切なことの一つに姿勢というものがあります。
姿勢が悪いとバストアップにとって直接的にも間接的にも悪いのです。

 

今回はバストと姿勢の関係についてご紹介します。

 

姿勢の悪さからくる影響

☆血液・リンパの流れ
姿勢が悪いと身体全体をめぐっている血液やリンパの流れが悪くなって基礎代謝や基礎体温が下がり、栄養が滞ります。
栄養が滞ると老廃物がたまりやすくなり、バストアップの妨げになります。

 

☆猫背による筋肉収縮
姿勢の悪い人は猫背になりやすく、筋肉が収縮してしまいます。
筋肉が縮むと代謝が落ちて脂肪がつき、バストが垂れやすくなります。

 

見た目にも猫背はバストが小さく見えてしまうので、胸を張って背筋を伸ばして過ごすことがお勧めです。

 

改善方法

☆壁を使った方法
壁に背中とかかとをつけて立ちます。
肩が丸まらないように、耳から骨盤、膝などが一直線になっていることをイメージしながら頭の中心を吊られているような感じで5分程度、立ちます。
繰り返し日々おこなうことで、自然と姿勢の良さが身につき、きれいな姿勢になります。

 

☆正しい姿勢で歩く
普段から姿勢良く歩く習慣をつけると効果的です。
壁を使った方法で正しい姿勢を作り、そのままお腹とお尻に力を入れて引き締めたまま、まっすぐ前を向いて歩きます。

 

☆正しく座る
立っているとき、歩いているとき、そして座っているときも正しい姿勢を心がけます。
椅子に対して深めに腰掛け、背筋を伸ばします。床に足をつけ、太ももと平行にします。

 

目線をまっすぐの高さにして肘がしっかり曲がっている状態で、デスクワークなどをするようにしましょう。

 

姿勢を正すことはバストアップだけでなく、美尻、美脚にも効果的で、スマートに見えてスタイリッシュに見えます。
もちろんバストアップにも効果的なので、積極的に姿勢を直すようにしましょう。

 

姿勢を直しただけでバストがアップしたように見えるので、さっそく背筋だけでも伸ばしていきたいですね。

 

 

  • 2014/11/28 15:59:28