チェストベリー

チェストベリーは南ヨーロッパから地中海沿岸、アジア、アフリカなど世界中の熱帯、亜熱帯地域などに自生するクマツヅラ科ハマゴウ属のチェストツリーという実からとれるハーブです。
西洋ニンジンボク、バイテックス、チェストツリー、イタリアニンジンボク、ヴィテックスなど様々な呼ばれ方で親しまれています。

 

古くからアフリカでは伝統的なもので、ヨーロッパなどでは女性用の薬用植物として知られ、ドイツでは治療薬としても認可されています。

 

チェストベリーの主な成分

イリドイド、フラボノイド、アルカロイド、テルペン、プロゲステロンなど

 

チェストベリーの効果

女性ホルモンの一つ、プロゲステロンの分泌を促したり、プロゲステロンが出すぎているアダプトゲン作用という状態の人には分泌を抑えたりするというホルモンバランスを調整する効果があります。
月経周期の乱れ、月経痛、月経過多、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、乳房痛、更年期障害緩和、肌荒れ、便秘、頭痛、イライラ改善など主に女性疾患を治す目的で愛用されています。

 

最近ではバストアップにも効果があると注目されています。

 

チェストベリーの注意点

女性ホルモンに強く関わるので、妊娠中や授乳中の人は控えるようにしてください。
また、ピルやホルモン剤を使用している人の併用もお勧めできません。

 

人によっては頭痛や胃痛、吐き気やめまい、かゆみやじんましん、発疹、不正出血などがあるので、異常があるときには使用を控えるようにしましょう。

 

チェストベリーの商品

バストアップサプリメントやカプセル、ハーブティー、アロマオイルなどとして販売されています。
長期摂取しないと効果が出ないので、長く続けられる商品がお勧めです。

 

チェストベリーの摂取量

チェストツリーエキスとしての摂取量の目安は一日に20〜40mgくらいといわれています。
個人差がありますが、効果が期待できるのは摂取し始めてから3ヶ月くらいからといわれるので、毎日続けることがとても大切です。

 

 

チェストベリーが配合されているバストアップサプリメント

 

グラマー

 

 

 

 

  • 2014/12/09 14:00:09