ダイエットしたいけど、胸は残したい、今回はそんな思いが実現!?

ダイエットをしていると、なぜか胸からやせる、一番やせてほしくないところからやせたりしませんか。
ダイエットをすると、どうしても脂肪が落ちるので、バストもその対象になってしまうので小さくなってしまうということなのです。

 

ダイエットしたいけど、胸は残したい、今回はそんな思いが実現できる胸を維持できる方法をご紹介します。

 

バストを揺らさない
バストの揺れは脂肪の燃焼を促し、胸が小さくなってしまいます。
また、バストを支えている皮や組織や筋肉が損傷し、垂れの原因になります。
激しい運動によるダイエットを行う場合、バストが揺れてしまい、小さくなったり垂れたりする原因となるので、必ずスポーツブラなどのバストの揺れを防ぐものを着用するようにしましょう。

 

下着を着用する時に胸に脂肪を寄せ集める
胸の脂肪は残すよう、下着を着用する時には胸に余分な脂肪を寄せて入れて着用するなどの工夫をすることで、ダイエット中でもバストのサイズを維持することができます。
余分な脂肪がバストに変わり、一石二鳥を目指しましょう。

 

過度な食事制限によるダイエットをしない
食事制限でダイエットをすると、ホルモンバランスが悪くなり、胸の発達の妨げになります。
食事はバランスよくとり、特にバストアップに必要な栄養は欠かさないようにしましょう。

 

バストアップに効果的な運動を取り入れる
背中の筋肉と胸の大胸筋を鍛える運動を取り入れるとバストアップに効果的です。
腕立て伏せや背筋などダイエットのメニューに取り入れ、普段から姿勢にも気にかけて背筋を伸ばして過ごすようにしましょう。

 

マッサージをするときは胸へ向ける
マッサージダイエットをしている人は、余分な脂肪を胸に引き上げながらマッサージするようにしましょう。
胸を残すように意識したマッサージをすると効果的です。

 

さらにバストアップを目指す人は、乳腺を刺激するマッサージを取り入れることで、バスト維持以上の期待が持てます。

 

 

ダイエットする時に胸の大きさを残したい人は、バストアップになることを取り入れるといいようです。
一度太ってそれからダイエットして胸だけ残すなどという危険なやり方があるようですが、それを試すより呼吸法によるダイエットや、骨盤ダイエット、部分痩せダイエットなど胸を残せるダイエットもあるので、自分の気に入ったダイエットを選んで、バストの大きさを維持しながら痩せられるといいですね。

  • 2014/11/03 18:04:03