胸の間が離れている場合の原因と対策

胸が小さいなど大きさで悩む人だけでなく、胸が垂れている、胸の間が離れていると悩んでいる人がいます。
今回は胸が離れている場合の原因と対策をご紹介します。

 

離れ乳の原因

離れ乳になってしまう原因はいくつかあります。

 

☆下着に原因がある
下着が合っていない、下着を正しく着用していない、下着をつけていない時間が多い、眠るときにつけないなどで、バスト周りに負担がかかり、胸の位置がずれてしまいます。
きつすぎても緩すぎてもいけないので、下着を選ぶときにはデザイン性で選ぶのではなく、胸にきちんと合った、負担のかからないものを選ぶようにしましょう。

 

ワイヤーやパット入りもあまりよくないので、ないものがお勧めです。
自分で決めてしまわず、店員に見てもらい、試着して選ぶのも大切です。

 

そして適当に下着をつけるのではなく、胸の周りの肉をおさめるようにブラジャーに入れるなど、正しい下着のつけ方で、日中と寝るときとかかさず下着をつけて過ごすようにしましょう。

 

☆姿勢が悪い
猫背など姿勢が悪いと、リンパや血流の流れが悪くなり、胸が垂れたり離れたりする原因になります。

 

☆胸周りの筋肉が衰えている、または鍛えすぎている
鍛えすぎると脂肪が筋肉に変わり硬いバストになってしまいます。
逆に衰えすぎていても、垂れや離れの原因になります。

 

離れ乳のなおし方

主に離れ乳の原因となっている下着、胸周りの筋肉、姿勢の3つに気をつけることでかなり改善されます。
これらに気をつけながら、さらにマッサージを取り入れることで、かなり改善されます。

 

バストアップマッサージや筋トレを行うとかなり効果的なのでお勧めです。

 

一度離れてしまうと、なかなか元に戻すのは大変ですが、自分にフィットした下着を正しい装着法できちんとつけ、夜はナイトブラを取り入れて、マッサージや姿勢良くすることなどに取り組めば、離れ乳は改善されます。

 

あきらめずに、原因を取り除いてハリのあるバストを取り戻しましょう。

 

  • 2014/11/26 15:40:26