胸の形をきれいに治す方法

胸の大きさだけでなく、形に悩むことがあります。
左右の大きさが違う、胸が外側に離れている、垂れてしまっているなど悩みは様々です。

 

それぞれの治し方についてご紹介します。

 

胸の大きさを同じにする方法

胸の大きさが左右違うというのは実は異常なことではなく、ほとんどの人が違うものなのです。
実はその理由も単純で、利き腕側のバストの筋肉はよく使われるので、どうしても筋肉量が増えてしまい、小さくなってしまうのです。

 

原因が分かっている場合は解消法も簡単です。

 

右側のバストが小さい場合は左手をよく使うようにする、左側のバストが小さい場合は右手をよく使うようにすることで、少しずつ解消されます。

 

その他、バストマッサージやツボ押しなどを小さいバストにだけして、リンパの流れをよくすることも大切です。
姿勢の悪さからも左右の大きさが変わることもあるようなので、普段の姿勢も見直してみるのもいいようです。

 

外側に離れている胸を治す方法

主な原因は下着が合っていない場合が多いようです。
自分のバストのサイズに合っていない下着をつけていない、寝ている間に下着をつけていないなどが大きく影響します。
まずは自分の胸のサイズをきちんと測ってフィットする下着選びをし、寝ている間もナイトブラなどを活用し、正しく下着を着用しましょう。
そうすることでバストの位置が定着し、形のいいバストになります。

 

垂れている胸を治す方法

垂れた胸にはバストアップのツボ押しや、マッサージが効果的です。
更にバストの形を整える補正下着を着用するなど、普段から下着を着用するようにしましょう。
また、生活習慣を見直すことで、胸の垂れを改善することができます。

 

日頃の姿勢や、体の冷えなどに気を配り、食事なども大豆や卵類などバストアップにつながるものを選ぶと効果的です。

 

バストマッサージやツボ押し、食事や姿勢などの生活習慣や下着の着用に気をつけることでほとんどの悩みは解消されます。
自分の普段の生活などを見直しながら、バストマッサージなどを取り入れ、理想のバストを目指しましょう。

  • 2014/11/25 14:27:25