ノコギリヤシ

ノコギリヤシ属のヤシの一種で大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地などで自生しています。
葉っぱがのこぎりのようになっていることから、ノコギリヤシといわれています。

 

北米インディアンは古くから利尿作用や、男性強壮として愛用され、中国などでは前立腺炎、前立腺肥大症や泌尿器疾患の漢方薬として使用されています。

 

ノコギリヤシの主な成分

フィトステロール、脂肪酸エステル、ミリスチン酸、リノール酸、オレイン酸、パルチミン酸、ラウリン酸、オクタコサノール、β―シトステロール、プロスタグランジンなど

 

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには男性・女性とそれぞれ効果があります。
どちらにももたらす主な効果は、男性ホルモンの抑制です。
男性ホルモンを抑制することによって、男性には抜け毛や薄毛予防などの効果があり、女性には女性ホルモンが活発になり、バストアップ効果があるといわれています。

 

その他、メタボ予防、前立腺肥大予防、残尿・頻尿予防などに効果的です。

 

ノコギリヤシの副作用

過剰摂取すると、便秘、吐き気、嘔吐、めまい、下痢、腹痛などの症状があるようです。一日に摂取できる量があるので、守るようにしましょう。
ホルモンバランスに影響を与えるので、妊娠中や授乳中は服用を避けてください。

 

ノコギリヤシの摂取量や飲む時期

ノコギリヤシは生理が終わってから14日間が一番いい時期です。

 

朝晩2回、食後30分以内が効果的なようです。一日に320mgくらいが限度なのでこえないよう、気をつけましょう。

 

ノコギリヤシの商品

日本では医薬品としての認可が下りていないため、健康食品やサプリメントとして販売されています。
男性のためのサプリメントが多いですが、最近は女性のバストアップなどのサプリメントとして人気があります。

 

商品を選ぶときには男性用や女性用、または兼用もあるのでよく見て購入するようにしましょう。

 

ハーブティーとしても利用することがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。

 

 

  • 2014/12/09 13:57:09