出産後の垂れてしまったバストにサプリメントは効果的?

出産後や授乳後に小さくなったり垂れてしまったりする胸に悩む女性は多いのではないでしょうか。

 

バストアップサプリメントが産後に効果的かどうか、ご紹介します。

 

産後の状態

出産後は女性ホルモンの分泌自体が急激に減り、バランスが崩れてしまうこともあり、バストが小さいと感じることがあります。
授乳が始まると胸は大きくなったように思えますが、卒乳すると以前よりさらに小さく垂れたように感じる人が多いようです。

 

この状態を解決するためには女性ホルモンの分泌低下を防ぎ、分泌を促すような働きかけが必要です。
女性ホルモンの分泌を促すことができるバストアップサプリメントは乳腺の発達を助けるエストロゲンを含んでいるので、バストが以前の状態に近づくことができるようです。

 

産後のバストアップサプリメントの使用法

産後はすぐにでもバストアップサプリメントを使用したいところですが、授乳していた場合、卒乳してしばらくの間はまだ母乳を生成するためのプロラクチンと呼ばれるホルモンの分泌が盛んなため、バストアップサプリメントを使用できる状態ではありません。
このホルモンの分泌がなくなるのにも個人差があり、卒乳後1〜2か月といわれていますが、産後初めての生理が来てから、その後の卵胞期から始めるのが良いようです。
ただし、産後すぐにサプリメントの効果が出るとは限らないので、気長に始めることをお勧めします。

 

注意したいこと

産後といっても授乳中の場合、バストアップサプリメントの使用は避けたほうがよいでしょう。
エクササイズやマッサージ、食事法などでもバストケアは行えるので、卒乳してからバストアップサプリメントを使用するようにしてください。

 

産後に効果的なバストアップサプリメントとはバストアップサプリメントには様々な種類がありますが、産後に効果的なバストアップサプリメントは女性ホルモンを活性化させてくれる成分を含むものを選ぶとより効果的なようです。
特にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの成分が含まれていると張りのあるバストが実現できるようです。

 

ただし、産後は女性ホルモンも不安定で、体も不安定な状態が続いているので異常があった場合はすぐに使用を中止し、効果がない場合でも落胆せず、まずは体が正常な状態に戻ったと感じたあたりから、改めてサプリメントを取り入れると、効果が期待できるようです。

 

焦らずにゆっくりと体を取り戻し、サプリメントを始めるといいですね。

  • 2014/10/14 14:35:14